ペンタックスのデジイチK-1/K-3、サブでパナのGX7MK2って感じでフォトライフ楽しんでいます。センスの無いところは、数うちゃ当たる戦法で(^o^;
<<Before  |  Next>>      
写真をクリックすると大きい画像が見られます              2012/03/20(火)


露出時間:1/640秒
レンズF値:F5.6
ISO感度:100
露光補正量:EV1.0
レンズの焦点距離:14mm(29mm/35mm換算)


露出時間:1/640秒
レンズF値:F8.0
ISO感度:100
露光補正量:EV0.66
レンズの焦点距離:28mm(58mm/35mm換算)


露出時間:1/40秒
レンズF値:F5.6
ISO感度:200
露光補正量:EV0.0
レンズの焦点距離:28mm(58mm/35mm換算)


露出時間:1/60秒
レンズF値:F5.6
ISO感度:320
露光補正量:EV0.0
レンズの焦点距離:45mm(93mm/35mm換算)


露出時間:1/60秒
レンズF値:F5.6
ISO感度:200
露光補正量:EV0.0
レンズの焦点距離:45mm(93mm/35mm換算)


露出時間:1/50秒
レンズF値:F5.6
ISO感度:100
露光補正量:EV0.0
レンズの焦点距離:14mm(29mm/35mm換算)


今シーズンの初スキー、3/10に富士見高原に行ってきました。
久々なのもあって、足ならしで空いているところをと選択。
朝4時少し過ぎだったかな?家を出ました。
談合坂付近で雪が降り始め、甲府では一旦やんだものの、
韮崎あたりでまた雪が激しくなって来ました。
こうなるともう仕方ないですね、小淵沢ICから先はチェーン規制。
その規制のチェックで、大渋滞に巻き込まれ、
あと2kmがなかなかすすみません(ToT)
目的地が富士見高原なんで、小淵沢ICで降りたいのに・・・

かなり時間をロスしましたが、なんとかICを抜けました。
もう時間はオープンの9時を回って10時頃になってました。
駐車場に着いた時には、車は20~30台でしたでしょうか。
かなり正面レストハウスの近くに停めることができました。
着替えてスキーにワックス塗り、準備を終えてゲレンデへ。
11時付近だったので、12時からの午後券も考えたのですが、
ここはファミリー券があり、家族で400円しか違わなかったので、
そのまま1日使えるファミリー券を購入しましたです。

ってことで、スキー場からの風景写真は次回にでもm(-.-)m

楽天でLUMIX GFシリーズを探してみる 楽天でLUMIX G 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH/MEGA OISを探してみる
写真をクリックすると大きい画像が見られます              2011/10/19(水)


露出時間:1/320秒
レンズF値:F8.0
ISO感度:100
露光補正量:EV0.0
レンズの焦点距離:14mm(29mm/35mm換算)


露出時間:1/1000秒
レンズF値:F5.6
ISO感度:100
露光補正量:EV-1.0
レンズの焦点距離:45mm(93mm/35mm換算)


露出時間:1/400秒
レンズF値:F5.6
ISO感度:100
露光補正量:EV0.0
レンズの焦点距離:39mm(81mm/35mm換算)


露出時間:1/640秒
レンズF値:F5.0
ISO感度:100
露光補正量:EV-1.0
レンズの焦点距離:20mm(41mm/35mm換算)


露出時間:1/500秒
レンズF値:F2.8
ISO感度:100
露光補正量:EV0.0
レンズの焦点距離:20mm(41mm/35mm換算)


# 下2枚はG20mmでの写真です

早朝散歩。
妻ちゃんは、もうずいぶん前から、お仕事休みの時に早朝海沿いまで。
そこまで歩くだけでも、片道30分と結構あるのに、
それから、この海岸線の公園をランニングしてます。
ここは結構メジャーどころ、多くの人がランニング楽しんでますね。

で、ここ1ヶ月くらいですけど、私もついて行ったりしてます。
といっても、走れるわけではなく、現地で少し歩いているだけですが。
もう少し体重落としたら、自分も少し走ってみようと思ってます。

楽天でLUMIX GFシリーズを探してみる 楽天でLUMIX G 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH/MEGA OISを探してみる 楽天でLUMIX G 20mm/F1.7 ASPHを探してみる
写真をクリックすると大きい画像が見られます              2011/10/17(月)


露出時間:1/250秒
レンズF値:F8.0
ISO感度:100
露光補正量:EV0.0
レンズの焦点距離:14mm(29mm/35mm換算)


露出時間:1/640秒
レンズF値:F6.3
ISO感度:100
露光補正量:EV-1.0
レンズの焦点距離:14mm(29mm/35mm換算)


露出時間:1/800秒
レンズF値:F8.0
ISO感度:100
露光補正量:EV-1.0
レンズの焦点距離:14mm(29mm/35mm換算)


露出時間:1/800秒
レンズF値:F8.0
ISO感度:100
露光補正量:EV0.0
レンズの焦点距離:14mm(29mm/35mm換算)


似たような写真ばかり続いてスミマセンですm(-.-)m

これで、今回の宝永山登山シリーズ終了です。
まさに絶景。こういう所来ると、広角での撮影が多くなります。

宝永火口側、こんな感じでどんどん崩れていってます。
どうやら、この裏側は、さらにひどい状態で崩れているとか(大沢崩れ)。
富士山3,776m、いずれ標高が変わる時が来てしまうのかも知れません。
噴火して、溶岩で更に高くなることもあるのかも知れませんが・・・

もうちょっとこう撮ってみたらよかった等、アドバイスあれば是非!!
辛口のコメントも期待しています。
写真をクリックすると大きい画像が見られます              2011/10/16(日)


露出時間:1/250秒
レンズF値:F5.6
ISO感度:100
露光補正量:EV0.0
レンズの焦点距離:45mm(93mm/35mm換算)


露出時間:1/200秒
レンズF値:F5.5
ISO感度:100
露光補正量:EV0.0
レンズの焦点距離:34mm(70mm/35mm換算)


露出時間:1/1300秒
レンズF値:F5.6
ISO感度:100
露光補正量:EV0.0
レンズの焦点距離:45mm(93mm/35mm換算)


露出時間:1/800秒
レンズF値:F5.6
ISO感度:100
露光補正量:EV0.0
レンズの焦点距離:14mm(29mm/35mm換算)


富士山横の宝永山登山。
登りはC-PL使いたい、広角DA15mm使いたい、これらもあってK-7を。
山頂で記念撮影撮る際に、やっぱシャッター頼みやすいGF1に変更、
下りはGF1片手に、パチパチ撮りながら下りてきました。
こんな時にも、GF1の身軽さは良い感じでしたァ~。
日中屋外であれば、写りも問題ないですしねぇ。

ってことで、最後の写真の先っぽが、宝永山山頂です。
山頂から富士山大砂走りまでは、比較的平ら、若干下りかな?
ここから火口までの坂がきつかったです。
でも下りは楽々。泣き入ってたこー君も、すいすい下りて行きました。
で、火口の横のベンチで、遅めのお昼にしました。
(妻ちゃんとまーちゃんは、宝永山山頂で、こー君と私は火口で)
火口付近には、こんな大きな岩がゴロゴロと。
子供達は、岩に登ったりして遊んでいましたです。

もうちょっとこう撮ってみたらよかった等、アドバイスあれば是非!!
辛口のコメントも期待しています。
写真をクリックすると大きい画像が見られます              2011/10/15(土)


露出時間:1/15秒
レンズF値:F8.0
ISO感度:400
露光補正量:EV0.0
レンズの焦点距離:14mm(29mm/35mm換算)


露出時間:1/30秒
レンズF値:F8.0
ISO感度:400
露光補正量:EV0.0
レンズの焦点距離:37mm(76mm/35mm換算)


露出時間:1/40秒
レンズF値:F8.0
ISO感度:400
露光補正量:EV0.0
レンズの焦点距離:31mm(64mm/35mm換算)


露出時間:1/400秒
レンズF値:F8.0
ISO感度:100
露光補正量:EV0.0
レンズの焦点距離:36mm(74mm/35mm換算)


富士山横の宝永山登山、GF1も持って行ってたんで、
少しだけその写真エントリーしますね。全3回くらいで・・・m(-.-)m

早朝、あと少しで御殿場ICというところ。
トイレ休憩に足柄SAに寄りました。
ここで、お昼とスポーツドリンクを買い込みましたです。
下り足柄SAには、インディカーが展示されていました。
どうやら高木虎之助選手が乗っていたもののようです。
子供たち前に立って、記念撮影してきました(^o^;

でもって、このSAのパン屋さんへ。
美味しそうなパンが並んでいたんで、パン買って山頂で食べようと。
幾つかパンを買い込みました。
もちろん子供たちはこの「きん太くん」を。メロンパンですかねぇ?
きゃっきゃ言いながら、どの顔がいいか悩んでいました。
金太郎の里が近いので、金太郎モノが多く売ってましたね。
(過去のエントリー:金太郎の産湯)

といった感じで、御殿場ICを降りて、富士山を目指したのでした。

もうちょっとこう撮ってみたらよかった等、アドバイスあれば是非!!
辛口のコメントも期待しています。