ペンタックスのデジイチK-1/K-3、サブでパナのGX7MK2って感じでフォトライフ楽しんでいます。センスの無いところは、数うちゃ当たる戦法で(^o^;
 |       
写真をクリックすると大きい画像が見られます              2014/11/18(火)


露出時間:1/320秒
レンズF値:F4.0
ISO感度:1600
露光補正量:EV-0.3
レンズの焦点距離:200mm(300mm/35mm換算)


露出時間:1/320秒
レンズF値:F4.0
ISO感度:1600
露光補正量:EV-0.3
レンズの焦点距離:200mm(300mm/35mm換算)


露出時間:1/320秒
レンズF値:F4.0
ISO感度:1600
露光補正量:EV-0.3
レンズの焦点距離:200mm(300mm/35mm換算)


露出時間:1/320秒
レンズF値:F4.0
ISO感度:1600
露光補正量:EV-0.3
レンズの焦点距離:200mm(300mm/35mm換算)


露出時間:1/320秒
レンズF値:F4.0
ISO感度:1600
露光補正量:EV-0.3
レンズの焦点距離:200mm(300mm/35mm換算)


露出時間:1/320秒
レンズF値:F4.0
ISO感度:1600
露光補正量:EV-0.3
レンズの焦点距離:200mm(300mm/35mm換算)


露出時間:1/320秒
レンズF値:F4.0
ISO感度:1250
露光補正量:EV-0.3
レンズの焦点距離:200mm(300mm/35mm換算)


露出時間:1/320秒
レンズF値:F4.0
ISO感度:1250
露光補正量:EV-0.3
レンズの焦点距離:200mm(300mm/35mm換算)


露出時間:1/320秒
レンズF値:F4.0
ISO感度:1600
露光補正量:EV-0.3
レンズの焦点距離:200mm(300mm/35mm換算)


楽天ジャパンオープン、この日の第二試合は

    K Nishikori (JPN) vs I Dodig (CRO)

という組み合わせ。
やはり錦織選手目当ての人が多いんですねぇ。
観客席も第一試合に比べ、随分と埋まってます!
私はたまたま安価に取ったチケットでこの日、
錦織選手のカードが組まれててラッキーでしたぁ\(^o^)/
序盤は不安定な面もちょっと感じられましたが、
徐々に超仕上げていき、後半は圧巻でしたね。
錦織選手ばかり追っかけてて、
ドディグ選手の写真はこの1枚だけ・・・(-.-;

ってことで、ちょいと似た写真ばかりですけど、
明日ももう少しだけ紹介させてくださいねぇ~

楽天でPENTAX K-3/K-5II/K-5IIs/K-30/K-S1を探してみる 楽天でPENTAX K-5/K-7/K-50/K10Dを探してみる 楽天でSIGMA APO 70-200mm F2.8を探してみる
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ベースボールより難しそう~
こんばんは、やんぼーさん

一枚目のニッコリ、躍動感たっぷりで良いです。
きっと、一瞬一瞬は野球より難しいのでしょうね。
世界のトップアスリート達をLIVEで見て撮れるってのは
ワクワクするでしょうね・・・
2014/11/18(火) 17:51 | URL | みっかん #wLMIWoss[ 編集]
力を入れている時って
(・。・) 反対の左手は

指がパーになっているのね~
2014/11/18(火) 18:35 | URL | が~たん #-[ 編集]
いつもありがとです
おはようございます、いつもありがとうございます。

みっかんさん>
野球の内野での捕球シーンに似た感じですかねぇ。
ある程度狭い範囲ですけど、縦横無尽に。
多分光がもっとあれば、多少楽になるんでしょうけど・・・
こういう試合を生で観られるって、いいですよね♪

が~たんさん>
そう、私もそれ感じました。
何人かの写真見てると、そういう人が多いなぁって。
なので、特長あるフォームになってますよね。
単焦点とズーム、難しいですね。
今回はほぼほぼ200mm固定って感じなので、単焦点でも行けそうですけど、
メインが子供相手で選んだレンズなんで、やはりズームはありがたい。
でもって、結構高価なレンズなんで、何本も・・・(ToT)
宝くじ買うかぁ~(^o^;
2014/11/19(水) 08:57 | URL | やんぼー #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yambophoto.blog91.fc2.com/tb.php/2231-434f49c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック