ペンタックスのデジイチK-1/K-3、サブでパナのGX7MK2って感じでフォトライフ楽しんでいます。センスの無いところは、数うちゃ当たる戦法で(^o^;
 |       
写真をクリックすると大きい画像が見られます              2013/06/06(木)


露出時間:1/200秒
レンズF値:F4.0
ISO感度:100
露光補正量:EV-0.7
レンズの焦点距離:31mm(46mm/35mm換算)


露出時間:1/250秒
レンズF値:F6.3
ISO感度:100
露光補正量:EV0.0
レンズの焦点距離:155mm(232mm/35mm換算)


露出時間:1/320秒
レンズF値:F6.3
ISO感度:1250
露光補正量:EV0.0
レンズの焦点距離:250mm(375mm/35mm換算)


露出時間:1/400秒
レンズF値:F5.6
ISO感度:100
露光補正量:EV-0.7
レンズの焦点距離:128mm(192mm/35mm換算)


露出時間:1/250秒
レンズF値:F6.3
ISO感度:1600
露光補正量:EV0.0
レンズの焦点距離:250mm(375mm/35mm換算)


GW後半は山に登ったから、今度は平らな所でと。
近所でちょいと気になってた油壺周辺の遊歩道へ。
この日は道寸祭りがあるんで、混むだろうと、早めに出発。
しかし、あんまし混んでませんでした・・・
メインとなる流鏑馬は13時からだったかな?
まだ時間があったから良かったんでしょうね。
んでも、駐車場から下に降りた、砂浜では鎮魂祭をやってて、
そこそこ人も集まってきていたようでした。

流鏑馬も撮ってみたい!!
んでも、今回は家族サービス優先ということで、
泣く泣く諦め、先を急ぐことに。
まさかこんな状態で流鏑馬の準備がされているとは。
完全に砂浜閉鎖で、通り抜けることができません。
役員の方かな?ハッピ着た人に聞いたら、
まだ準備中だから、紐またいで行っていいよと。
足埋まる砂浜を、紐またいで先へ進むことにしました。

流鏑馬・・・まぁ来年以降のお楽しみにとっておきます。

楽天でPENTAX K-5II/K-5IIs/K-30を探してみる 楽天でPENTAX K-5/K-7/K-r/K-x/K10Dを探してみる 楽天でSIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSMを探してみる
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
流鏑馬の撮影は楽しいですので、ぜひ!!
周りの人たちに邪魔にならなければ、脚立(?)のような高さをKeepできるものがあると、便利だと思います^^
2013/06/06(木) 23:38 | URL | Pic-7 #-[ 編集]
油壺と言えば・・
こんばんは、やんぼーさん

油壺と言えば、昨年のモデルのおねーさんを
思い出しました。えっと~、猪股 聡子さんだ~~
綺麗どころが沢山で、つい過去の記事を~^^

流鏑馬って、京都でもやってる
走りながら弓矢で的を得る最高に
エキサイティングなイベントなんでしょうね・・?
どうしても見たいので、是非、来年はお見せくださいな~
って、私が京都へ行って撮ってくるべきなんでしょうね~(笑)
2013/06/07(金) 00:25 | URL | みっかん #wLMIWoss[ 編集]
(´・_・`)ポストさん・・・・

なんか入っているのかな~
鬼太郎宛の手紙 あるかな~
2013/06/07(金) 01:07 | URL | が~たん #-[ 編集]
おはようございます、いつもありがとうございます。

Pic-7さん>
流鏑馬、楽しそうですよねぇ。
来年は調整して、なんとか撮りに行きたいと。
ちょっとした高台から、望遠使ってがいいかも知れませんね。

みっかんさん>
おぉ、覚えていてくれましたか。
そうです、ちょうど一年前くらいにここで。
その時に、看板で遊歩道の存在を知ったんですヨォ。
1年かけて、やっと訪れたってところです(^o^;
私も来年撮りに行こうと心に決めました。
みっかんさんも、ぜひ京都へ行ってみてくださいね。

が~たんさん>
怪しい所に、ちょこんと小さなポストが。
まだこれ生きてるんですかねぇ?
最近はコンビニでも出せるようになって、
ポストも減ってきているように感じます。
2013/06/07(金) 08:38 | URL | やんぼー #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yambophoto.blog91.fc2.com/tb.php/1861-f64ead9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック